Case 対応分野

顧問法務について

法律事務所 HEROリーガルグループでは、顧問弁護士ならではの“事前にできる対策”を中心とした顧問法務を承っております。契約関連法務をはじめ、知的財産法務から労務管理、消費者法務、内部統制サポート、業務提携サポートに至るまで、幅広い法務に対応可能です。
もちろん、2015年に施行されたマイナンバー法にも対応。各種法改正サポートもお任せください。また、医院・クリニック・学校・予備校・メーカー等で必要となる、クレーム対策業務(クレーム予防・クレーム対応)も法律の専門家としてサポートいたします。

詳細はこちら

契約法務(日本語)について

紛争予防にはプロの作成した契約書が必要です。
口約束で済ませたり、ネットから取得したもので済ませていませんか?
当事務所では、ビジネスシーンに応じてオリジナルの契約書を作成し、ビジネスがスムーズにいくようにサポートしています。

詳細はこちら

ベンチャー企業・中小企業サポート

事業を始めて数年というベンチャー企業・中小企業の中には、「法務に精通しているスタッフがいない」という企業様も多いでしょう。当事務所では、そうした企業様の法務部としてお役に立ちたいと考えております。契約書の作成・修正・相手方との折衝をはじめ、就業規則・労働契約書の作成、監督官庁に対する届出等を代行いたしますので、お気軽にご連絡ください。必要に応じて、法改正サポート(マイナンバー等)、業務提携サポート(M&A等)もご提供いたします。
また、新規事業を始めたいとお考えの経営者様もぜひご相談ください。スタートアップ支援・設立サポート、ビジネスモデルの適法性審査・アドバイス等を通じて、新規事業を円滑にスタートできるよう支援させていただきます。

詳細はこちら

英文契約書について

海外取引をする場合、日本内で完結する取引に比べて、リスクが増大します。
そこで、必ずポイントを押さえたドラフトを作成することが必要です。
当事務所では、各シーンに応じた英文ドラフト作成に対応します。

詳細はこちら

労働事件

現在、お勤めの企業との間で発生したトラブル等に関してお悩みの方は、当事務所にご相談ください。不当な減給処分・解雇・内定取り消し、賃金・残業代の未払い、セクハラ・パワハラ被害、労災問題等、あらゆる労使間トラブルに対して、労働法等に則った適切なサポート・アドバイスをご提供いたします。
また、近年においては、度重なる長時間労働や重度のプレッシャー等から「うつ病」を発症するケースが多く、最悪の場合、過労死や自殺に発展してしまうことも少なくありません。自殺を含めた過労死事件に関して「企業側の対応に納得がいかない」というご遺族様も、ぜひ当事務所にご相談ください。

詳細はこちら

離婚問題

離婚に踏み切る原因や経緯は様々であり、離婚事件の解決に求められる対応も千差万別です。そのため当事務所では、ご相談者様の立場になって親身にお話を伺うことを大切にしています。「離婚しようか悩んでいる」といったご相談でも構いません。まずは現在の状況をお聞かせください。相手との話し合いや調停・訴訟を有利に進められるよう、ご相談者様の代理人としてサポートいたします。

詳細はこちら

交通事故

交通事故に遭ってしまった場合、事故を起こした相手との示談交渉だけでなく、その後の生活に大きく関わる“保険会社への対応”も大切です。「保険会社から提示された金額に納得がいかない」「まだ完治していないのに、保険金の支払いが打ち切られた」「後遺症認定をしてくれない」等といったことでお悩みの際は、交通事故後の対応に精通している当事務所にご連絡ください。
ご相談者様のご希望を踏まえ、訴訟も視野に入れながら対応させていただきます。
過去に、医療をめぐる問題を専門的に取り扱っていたため、医学的知識を活かして交通事故の問題に対応することが可能です。

詳細はこちら

消費者問題

欠陥製品(日用品、化粧品、玩具等)による事故から、悪徳業者による詐欺・不履行、ネット詐欺(出会い系サイト、オークションサイト、通販サイト等)まで、あらゆる消費者問題のご相談をお受けしております。また、「無理やりローンを組まされた」「契約前と話が違い、蓋を開けてみたらネズミ講だった」等、思わぬ形で結んでしまった契約に関するご相談にも対応可能です。
「よく確認せずに買った私が悪い」「だまされた自分が悪い」等と泣き寝入りせず、些細なことでも気兼ねなく相談しにいらしてください。

詳細はこちら